上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は、「超わかりやすい 田嶋智太郎のFX]のDVDを見て勉強しました。

ノートにメモった事を昨日の下落に応用して書いてみようと思います。

① レンジ(チャネル)の上値・下値を突き抜けたあと目指す到達地点は、保ちあいの幅と同じという事です。

② また、以前の暴落を参考に高値から安値の幅を見て、今の下落の幅を想定する。


1時間足で見てみました。

chart1.jpg

以前の高値12月8日の8時(赤のレジスタンス)から12月9日の19時(赤のサポート)までの幅は
約527pips

今回の高値12月12日の3時(黄色のレジスタンス)から12月12日4時(黄色のサポート)までの幅は
約572pips

なんとなく近い数字だと思いませんか?

フィボナッチでもエクスパンションとか引いてみましたが、どの時間足でどう引いてみればよいのか分かりませんでした。

なので、フィボナッチリトリートメントで戻りの様子を見てみました。

5分足です。

chart1_20081214120750.jpg

まず50%まで一度戻って、もう一度下げて次は61.8%まで戻っています。
その次は、76.4を目指していたと思いますが、少し足りない雰囲気です。

今日は久しぶりにチャートを載せてみようと思い四苦八苦してしまいました。

明日からの相場はどうなるでしょうか?

サイクルによると来年いっぱいは下降の流れみたいですから、本当に大きな流れでの
上昇トレンドはまだまだ先のようです。
少し戻しては、下がりを暫く繰り返すのでしょうか?

Monthlyなんかでみると、過去に何年も保ちあい相場という時期もありました。
やはりデイトレで小さな小波を泳ぐ方法が一番自分には合っていると思います(資金的にも)
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
ランキング応援ありがとうございます!
おすすめドメイン+サーバー

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。